2016年09月19日

2ちゃんねる掲示板なんかで飛び交っているモンスト用語集

おでん…星6モンスター「オーディン」のこと。

ケーキ…星6モンスター「徳川慶喜」のこと。よしのぶの音読みでケーキ。

ジューシー玉…獣神玉のこと。

イレバン…壁と敵の間で反射している間に、突然予測できない方向へ飛んでいくこと。

リセマラ…リセットマラソン。最初に無料でもらえるオーブを使って、目的のモンスターをゲットするまで アンインストール→ゲーム開始→ガチャを繰り返すこと。

リタマラ…リタイアマラソン。わざとゲームオーバーになり、フレンド枠を故意に入れ替えること。

運極(うんきょく)…星6のモンスターのラックが99に達した状態のこと。運90とは違うので注意。

運90…星5モンスターのラック上限。ラックが75になると、ボーナスがつき自動的に90になる。運極ではない。

オワメルン…星6モンスター「ハーメルン」のこと

オワジン…星6モンスター「アラジン」のこと

ゴッスト…星6モンスター「ゴットストライク」のこと

ぎょっさん・ぎょっくん…曜日ダンジョンにおいて、獣神玉を生物化したような敵キャラのこと。まれに獣神玉をドロップする。大きいほうがぎょっさん、小さいほうがぎょっくん。大きいほうがドロップ率が高い。

ダメトレ(ダメージトレジャー)…マルチプレイでダメージを与えることによって落ちる宝箱。※公式用語

直ドロ…イベント系キャラを倒したときに、タマゴの状態で落ちること。もしくはこすって開ける宝箱から出現すること。

中の人(モンストの中の人)…モンストの運営さんたち。さしみさん、さなぱっちょさん、ぱなよさん、ちゃすさん、テルーマンさん等。
ちなみにAppBank動画チームのマックスむらいさん、マミルトンさん、あいたかはしくんは中の人には入らない。

爆死…プレミア10連ガチャをひいて、すべてレア4キャラだったことをさす場合が多い。

マッチショット…マッチショットとは、反射タイプのキャラ特有の戦闘テクニックのひとつです。マッチショットに成功すれば、SS(ストライクショット)を使わないでも敵に対して300万以上のダメージを与えることもできます。マッチショットは、弱点付近の狭いポイント(マッチポイント)に対して擦るように当てると発動します。そのため、ボスのマッチポイントを事前に把握していないと、マッチショットを狙うことができません。また、敵モンスターによってはマッチポイントが無い敵も居ます。

貫通マッチ…貫通マッチはブロックの間を往復する事でダメージを与える事。ブロックは触れた際の減速率がすくないため、ブロック間を往復し続ける事が可能。

ヒットストップ…画面上では止まっているが、内部では当たり判定が続いているときに起こる現象のこと。摩利支天の結界SSや蒲公英のヒット数爆弾など、特殊演出があるSSでのみ発生する。
ヒットストップが狙えるSS 「結界」「ヒット数爆弾」。マッチショットが成功している状態でヒット数が数倍増えるためダメージも大きくなる。また特殊演出中は敵が撤退しないのでゲージ飛ばしも可能。

支店長…星6モンスター「摩利支天」のこと。PCで漢字変換が(支店)になることから派生した呼び名です。

とっきゅん(ワクリン)…とっきゅんは英雄の神殿【修羅場/時の間】で、稀に雑魚敵として出現する。倒せば金種が100%ドロップする。HP30〜50万程と雑魚としては非常に高い。登場するのはボス戦マップのみで、各マップで出現する位置は固定となっている。とっきゅんのHPは約30万〜50万と高い。逃走ターンが短い場合は通常攻撃で倒しきれないことが多いため、ターンの短い乱打SSやメテオSSで素早く倒そう。

ラベル:モンスト用語
posted by KEN at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスト用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。